続・プログラミング研修(C#)

こんにちは。

テニスの全仏オープンが始まりましたね!
ベテランの活躍より若手の台頭が待ち遠しい佐伯です。

今回は、現在進行中のC#グループ研修を紹介します。

これまでの日記では、プログラミング研修に関して
プログラミング研修
プログラミング研修(Delphi)
プログラミング研修(JSP)
プログラミング研修(C#)
の4つの記事が投稿されました。
これらの研修は、各々が与えられた課題をこなしていくものでしたが、
C#グループ研修では、C#研修組を2チームに分け、チーム単位で、
与えられた要件を満たすアプリを作成するという課題に取り組んでいます。

グループ研修なので、これまでの個人研修とは違い、
メンバー全員の認識を合わせて研修を進める必要があります。

私たちも開発を担当する画面の分担や製作計画を話し合いで決め、
さらにメンバー全員の認識を合わせるために、
例えば更新ボタンを押したら、画面に”更新しました”と表示するといった、
アプリの挙動を1つ1つ決めていきました。

しかし、実際にアプリの作成作業を始めてみると、
担当の画面がすぐ出来上がる人や苦戦する人がいたり、
アプリの挙動についても
姓・名が分かれて表示される画面と一緒に表示される画面があるなど
メンバー内での認識も異なっている事があり、
簡単には上手くいかない事がわかりました。

今回の研修では、上の2つ以外にも様々な問題に直面したことで、計画の重要性や、
良い計画を立てることの難しさを学ぶことができ、貴重な経験となりました。

今後、計画を立てる機会があった時に、
研修での経験が活かせるよう、しっかりと力をつけていきたいです。

佐伯 滉耶
佐伯 滉耶