ボルダリング部

こんにちは。増田です。

当社にはボルダリング部があり、月に数度ほど活動を行っています。
先日、その活動に参加してきましたのでご紹介しようと思います。

ボルダリングとは岩のような突起物がついた壁を道具を使わず身体のみで登りゴールを目指すスポーツです。

コースごとに使用して良い岩が決まっており、どのように登るかを考えることも必要になります。

私は初めての挑戦でしたので、身体を操作し登る感覚を掴むことからのスタートとなりました。
準備運動を終え、いざ登り始めると見た目以上に難しさがあり、想像通りには身体が動きません。

しかしその難しさが登り切った時の爽快感と達成感になります。
気づけば次の達成感を目指して先のコースを求めるようになっていました。

一通り基礎を終えたのちに先輩方と合流しました。
先輩方は冗談を交えながら登り方を話し合い複雑なコースを攻略しており、ここにボルダリング部の魅力を感じました。
また、身体を壁に寄せる、足と手で三角形を作るなど先輩から数多くのコツを伝授していただきとても参考になりました。

そして初級コースの終わりに差し掛かったころ、難所が現れました。
そのコースは足場の岩が小さく、岩と岩も大きく離れていたため「登れない」というより「分からない」感覚を覚えます。
同じく一緒に参加した同期も同様に悩んでおり、皆で力を合わせどのように進むか考え始めました。
先輩にも指南していただき、皆で案を出し合って試行錯誤を繰り返すことで1つずつ次の岩へ到達していきます。
そして最後の足場に身体を持っていきゴール出来た時、非常に大きな達成感を得ました。

次のコースを求める気持ちはこの記事を書いている今も持っています。
より難しいコースでより大きな達成感を得るためまた参加しようと思います!

増田 陽介
増田 陽介
ありがとうございました