4月からの自分を省みる 

山本です。今回はただの日記です。

就職から早くも4ヶ月が経過しました。4月から現在までの自分を省みると、自分の知らないこと、困難に感じることに取り組む姿勢が身についてきたように感じます。その一方で、課題も多いと感じています。

例えば、私は複数の仕事を「整理してこなす」ことが少し苦手です。仕事をしていく上では、この「整理してこなす」ということが非常に重要です。

また、現在の状況や予定、自分の意見を説明することにも課題があります。「正確な情報を伝達する」ことも、チームで仕事をするためには非常に重要です。メモをこまめに取るなどして、正確な現状把握を心掛けたいです。

「体調を整える」ということも、生産性を上げるためには非常に重要です。学生時代と環境が大きく変わったためか、4月以降、体調が優れない日も何回かありました。当社では半日単位で有給休暇を取れるほか、フレックスタイム制を用いることもできます。自分の体調を管理すること、また、体調が良くないときは思い切って休むことも心掛けたいです。

すでに先輩方には星の数ほどご迷惑をかけてきた私ですが、今後何十年と迷惑をかけながら社会人は成長していくのでしょう。
暖かい先輩方がいる職場に出会うことも、仕事には重要ですね。

今後も頑張ります。