ナレッジマネジメント

こんにちは。P != NP 問題が解決されたかも知れないと聞き、気になって仕方ない佐伯です。
(気になる方はこちら:A Solution of the P versus NP Problem )
 
当社では「ナレッジマネジメントの活性化と有効活用」のための様々な取り組みが行われています。
その一環として、今月からコミュニケーションツール Microsoft Teams が全社で導入されました。
(Teams導入については、他の新人の日記 コミュニケーションツール をご覧ください)
今後も、ナレッジ登録ツール「Knowledge」や、ドキュメント管理ツール「Fess」が導入される予定です。
 
ツールを導入するだけでナレッジマネジメントができればよいのですが、そう簡単に事は進みません。
ツール使用のルールが無いと、各々が好き勝手にツールを使ってしまいます。
すると、文書フォーマットなどが多様化してしまい、ナレッジが体系化されません。
体系化されていないナレッジは使いづらいですし、管理しづらいですよね。
そのため、ツール導入時には、「ルール作り」が必要になります。
 
私は現在、所属部署の Teams とKnowledgeの「ルール作り」に参加しています。
ルールが少ないと、自由度が高くなって、ナレッジの体系化が難しく、
ルールが多すぎても、ユーザーがツールを使い辛くなってしまいます。
いい塩梅を見つけるのが難しいですが、
適切なルールを策定し、「ナレッジマネジメントの活性化と有効活用」に貢献したいと思います!