新しい物事に取り組む

こんにちは、山本です。
私は現在、近年注目されている新技術の活用を試みるプロジェクトに携わっています。

実用段階にまで持っていくには、試行錯誤を重ねなければなりませんが、これが実現されれば、画期的な製品が生まれる可能性があります。

一方で、新しい物事に取り組むことの難しさも実感しています。

新しい物事に取り組むときには色々な難しさに直面することになります。例えば、以下に示すようなものがあります。

  • 想定通りの結果を得られたように見えても、想定が正しい保証がない
  • 過程に間違いがある
  • プログラムや設定ファイルの問題を修正した結果、ほかの場所に問題が見つかる

これを乗り越えるためにはたくさんの努力が必要なんですが、不器用な私はこれだけは頑張ろうというものがあります。

「現状把握!!」

現在の足場の上に何かを築こうとすれば、自分の今いる地点を明確にしなければならない、と実感しています。これまでに自分が何をしたのか、その結果どうなったのか、今取り組んでいる作業の目的は何かなど、今後は意識するようにしたいです。