OBPM ユーザー会

こんにちは、Mac Book Pro が欲しい佐伯です。

先日、「第 9 回 OBPM ユーザー会」に運営として参加してきました。
OBPM ユーザー会とは、弊社製品の Object Browser PM のユーザー様が一堂に会し、

  • ユーザー様が直面しているプロジェクト管理の課題を解決すること
  • ユーザー様同士が交流し、プロジェクト管理についての理解を深めること
  • ユーザー様から Object Browser PM について意見を頂くこと

などを目的として年に一度開催されている部署の一大行事です。

今年のユーザー会では、
「うまくいくプロジェクトを増やすためには?」
というテーマで、

  • テーブルディスカッション
  • トークセッション
  • パネルディスカッション

が行われました。

今日の日記では、そんなユーザー会の中で
最も印象に残ったテーブルディスカッションの話題を紹介します。
「プロジェクトを成功させるために進行中のプロジェクトの何を確認しているか」
という議題に対して、
「粗利が予定と ±10% 以上ずれている場合はプロジェクトの計画を見直す」
というユーザー様がいらっしゃいました。
私は「予定より利益が出ているプロジェクトまで見直す必要があるのだろうか」
と疑問でしたが、他のユーザー様方は納得されていました。
実は、利益が計画より出すぎていると、次のようなことが考えられます。

  • 何かやらなければならない作業を見落としてプロジェクトが進んでいる
  • プロジェクト計画時点で過剰な見積をしている

数字上うまくいっているように見えるプロジェクトに潜む危険な信号までも
キャッチする方法が考えられていて、とても勉強になりました。

今回のユーザー会は、まだまだプロジェクトに関して経験や知識が足らず、
上司のフォローが無ければ、議論の内容を理解し、議事録をまとめることもできませんでした。
来年、再来年のユーザー会では、運営メンバーの一員としてしっかりと活躍できるよう、
これから経験するプロジェクトでは、プロジェクト管理についても目を向けて行こうと思います!