保守定例会

こんにちは。笹川です。

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
2018年になって早3週間が経過しましたが、いかがお過ごしでしょうか。

私は今年からとある保守のプロジェクトを担当することになったのですが、
先日そのプロジェクトの保守定例会がありました。
保守定例会は、定期的にお客様と直接顔を合わせて、
問い合わせ・要望対応の進捗確認や
課題の共有をする重要な会議です。
現在のプロジェクトでは隔月で開催されています。

私は別のプロジェクトも含めると3回目の保守定例会参加だったのですが、
先日の保守定例会で初めて、「資料を作ってお客様にシステムの影響範囲について説明する」
という経験をしました。
その中で、お客様から想定していなかったオペレーションに関する質問をされて
慌ててしまった場面があり、自分の経験不足と知識不足を痛感しました。
特に、お客様がGRANDITの各機能を
「どのような業務で、どのような目的で使用しているか」
ということに対する理解が不足していると感じたので、
これからはそれを常に意識して保守業務に取り組みたいと思います。

保守定例会後には、お客様との新年会に参加しました。
業務外でお客様と交流するのも、初めての経験でした。
新年会ではお客様の業務に対する考え方をお伺いすることができ、
非常に勉強をさせていただいただけでなく、他愛のない話をして交流を深めることもできました。

今回の保守定例会は、「初めて」の連続だったこともあり自分の中で内容の濃いものになりました。
お客様に満足していただけるシステムを提供できるよう、
今年も日々精進してまいります!

笹川 翔太
笹川 翔太
【好きなX JAPANの曲】 Silent Jealousy