新プロジェクト

こんにちは、山本です。

昨日のプログラミングコンテストは、自分の実力を測るにはとてもいい機会でした。問題は難しく、思うような結果は得られなかったので、次回はさらに力をつけて挑みたいと思います。

私は本日より新たなプロジェクトの一員として作業を行っています。今回のプロジェクトでは、私は主に製品のテストを担当することになります。

以前のプロジェクトで私が主に担当していたのは技術検証で、社内で共有されるプログラムを試行錯誤しながら書き進めていました。技術検証は、既存の弊社製品とは大きく異なるプログラミング環境やプログラミング手法を用いての作業だったため、私としても大変良い刺激になりました。

しかし言うまでもなく、製品の開発プロセスはプログラミング (製造) だけで足りるものではなく、それ以前の要件定義や製造後の単体・結合テストが重要な位置を占めます。製造の前後の工程の経験が浅い私にとって、次のプロジェクトも非常に重要なものと考えています。
製品企画室では、こういったさまざまな経験を積むチャンスがあります。

技術者として、学習や実践で身につけなければならないことはいまだ数多く、途方も無い話のように思えることもあります。しかしそれも地道に業務・学習を続けて身につけていくしかないものですので、怖気づくことなく今後もがんばります。