社外セミナー参加

こんにちは、呂です。

先日社外セミナーに参加しましたので、
その様子を紹介したいと思います。

なぜ社外セミナーに参加したかというと、
今期、当社社員一同は
「社外に目を向け、自身を研鑽する。会社の中だけで満足せず、
積極的に社外と関わり幅広い視野と知識を持つ。」という目標を立てているからです。
社員の社外セミナー参加はその一環です。

先日はIT勉強会とセミナーを運営している外部業者が
開催していましたセミナーに参加しました。
このセミナーのテーマは一言でまとめると
「IIoT技術の展開と将来、そしてIndustry 4.0以降の世界の展望」とのことです。
講師を務めた某コンサルティングファームの方は、
同社のIndustry 4.0を超える新しい工業のビジネスイノベーションのための
ソリューションと事例を紹介しました。

Industry 4.0とは、ドイツが国家プロジェクトとして推進する製造業のデジタル化、
コンピューター化です。これは一部の研究者に「第四次産業革命」と呼ばれ、
高く期待されています。このIndustry 4.0の根幹技術は、次のIIoTです。

IIoTとは、Industry Internet of Thingsの略称、直訳すると、
「製造業のモノのインターネット」です。
具体的に言うと、近年盛んになっているIoT技術の製造業における活用です。

このセミナーは、上の2つのテーマの推進と事例を紹介し、
同社の将来の動向についても紹介しました。

これらのテーマについて、外部セミナーに参加し、
第一線のコンサルタントの生の声と事例を聴けました。
この経験は大きな刺激となり、改めて今の仕事の位置づけを認識し直し、
現在務めている仕事のやり甲斐もより深く認識できました。

呂 宗健
呂 宗健