ビルの停電

こんにちは、橋本です。

今週の土日にさいたま本社入居ビルのメンテナンスがあり、全館で停電となります。
本日はビル停電に伴う作業についてお話したいと思います。

停電の前の作業としてはPCやサーバの電源を落としてコンセントを抜いておく必要があります。
電源を落とすだけではなく、コンセントを抜くのは停電復旧後の過電流で
機器が壊れることを防ぐためです。

停電が終わった後には停電前の作業とは逆順で
コンセントを入れて電源をつけます。

サーバに関しては停電後に管理部の方が
コンセントと電源を入れてくれるので’ほとんど’のサーバは
自分たちで作業をする必要はありません。

なぜ’ほとんど’かと言うとサーバの電源を入れた時点では
サービス(データベースやWebサーバのソフトウェア等)が停止したままなので
通常はコンソールから手作業で各サービスを起動させる必要があります。

この手作業で各サービスを起動させるのは
手間がかかりますし起動漏れが発生する危険性があります。

そのため’ほとんど’のサーバには自動起動の設定をして
手間が省けるようにされています。

ちなみに私が研修の際に作成したサーバはサービスの自動起動設定が
されていないので、自動起動されないサーバの1つです。手作業で起動させます。。。

停電がある度にサービスを手動で起動させるのは手間ですし、
自動起動にできるのであれば無駄な作業をなくすためにも
自動起動の設定は重要です。
次にサーバを作成する機会ではサービスの自動起動を忘れずに設定するようにしたいです。

さいたま本社ビルメンテナンス(停電)のお知らせ
URL:<https://www.sint.co.jp/info/180203.html>

橋本 隆也
橋本 隆也
フルマラソン サブ4達成したいです!