絶対損失プロジェクト?

こんにちは。
笹川の日記「原価計算とは何ぞや ~Part1~」の続きが楽しみな佐伯です!

先日、ボードゲーム部で「社内クラブ助成金」を申請しました。
これは、部活動の運営費用を会社が一部負担してくれる制度です。
(半期に一度、部員 1 人当たり最大 3000 円)
実はボードゲームは結構お金のかかるものなので、とても有難いです!

ところで当社には、「社内クラブ助成金制度」以外にも
「レクリエーション費」など、社員交流のための補助金制度がいくつもあります。
また、「絆2017」や「納会」のような社員交流イベントも行われています。

今、これらの社員交流イベントなどを
「イベントプロジェクト」と呼ぶことにします。
イベントプロジェクトのおかげで、会社の雰囲気は上々、
社員はのびのびと働けて、生産性が上がります。
良い会社、良いプロジェクトです。
しかし、イベントプロジェクトには当然「原価」が発生します。
さらに悪いことに、このプロジェクトには「売上」がありません。
なんとイベントプロジェクトは常に赤字のプロジェクトなのです!

ここでふと疑問が生じます。
イベントプロジェクトの原価はいったい誰が負担するのでしょうか?

ヒントは明日の日記「原価計算とは何ぞや~Part2~」にあるかもしれません。お楽しみに!